ブッコミで中間管理録トネガワを読んだ

ブッコミで検索して見つけたタイトルがこれ。面白そうだったから、まず試し読みから読んでみた。画面を左右にスクロールするだけで次のページに進む、前のページに戻るが出来るので直感的に操作感できるのが使いやすかった。この漫画は映画にもなったカイジの漫画家、福本伸行が監修したスピンオフもの。カイジに登場する敵キャラの幹部「利根川幸雄」という白髪の年配のおじさん(笑)が主人公になってる珍しい漫画。主人公と言うと普通なら少年や青年が相場なのに白髪の50~60くらいの歳を取ったおじさんが主役。これ本当です!タイトルの通り主人公の利根川(トネガワ)の役職は中間管理職で、「帝愛」という金融業者で働いています。その帝愛の社長の兵藤和尊がかなりワガママな性格で利根川へのムチャぶりも相当ひどい。社長の兵藤のワガママに日々振り回されつつ、利根川は帝愛で中間管理職として色んな仕事をこなす日々を描いた漫画。

この利根川には部下達もいる。その部下達の姿が全員黒服でサングラスという外見で統一されている為、一見すると誰が誰か分からない利根川(笑)しかも部下達の名前も似たような名前と顔で非常に紛らわしいので、本編の中でも利根川が紛らわしさにキレますがそれがまた面白い(笑)だけど話が進むにつれて部下達には顔つきに微妙な違いがあったり、一人ずつ性格や考え方も違ったりするので次第に見抜けて気がついたら紛らわしくて絶対覚えられない名前も全部覚えちゃってる。そこがこの漫画の魅力!面白いので読んでみて。さてブッコミではこの漫画は1巻につき648ポイントするのが少しネックに思う。ただ利用者の拡大を狙ってるのか「漫画激安セール」というのがあり、そこでは30%~50%ooff価格で販売されてる漫画もあった。トネガワの漫画もセールで40%offにしてくれたら良いのに…。セールやってたら全巻まとめて大人買いしてみるか。>>>>>孕み神と憑かれた姪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする