重粒子の旅

漫画家の中川いさみ氏が、非常に珍しい「鼻のガン」にかかり、闘病生活を送っていた頃のことを描いたエッセイ作品です。鼻の中のガンという極めて珍しい症例にスポットが当てられており、同じような病気に悩む方にとっては極めて貴重な情報になります。もちろん、患者本人だけではなく、その家族や友人の方など関係者にとっても非常に有用で、また、知識として読んでおくだけでも、後々にも役立つことが期待できます。

とは言え、堅苦しい闘病ものの漫画というわけではなく、かなり「日常」に重点を置かれた描写も魅力的です。西日本で治療を受けたということで、海遊館に遊びに行ったりと、実に良い息抜きの描写が入っており、闘病マンガとしてのメリハリはもちろん、ご当地マンガとしての面白さも満喫できますね。また、最新の重粒子を使った治療ということもあり、従来とは違う病中病後の経過など、将来にも希望が持てる展開になっているのも良いところですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする