機動戦士クロスボーンガンダムDUST

一年戦争から90年以上たった世界を舞台としたガンダムシリーズの作品です。ガンダムと言えば二つのイデオロギーの戦いを少年少女達の視点で語られる作品が多いですが、この話では特に戦争とかしているわけではありません。では平和なのかと言えばそれは違い、いくつもの戦いにより身も心も荒廃してしまった世界となっています。ロボット物として肝心の技術力も低下して、作中では新型モビルスーツは出てこずにそのほとんどは戦場に捨てられていたものをレストアしたものです。主人公の乗る機体からしてベースとなるのは初代クロスボーンガンダム以前のサナリィの作った試作機だったりします。だからザンスカールの機体とグリプス戦役の頃の機体が戦って、古い方が勝ったりもしています。かなりオリジナリティーある内容ですが、最新話では「北斗の拳」に出てくる略奪するためだけに存在するような組織も現れ本気で宇宙世紀が終わってしまいそうな勢いです。今後どうなるのか最も楽しみな作品です。>>>>>絡みつく視線

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする