異世界薬局

異世界薬局はよくある異世界へ転生した主人公のお話です。主人公は元々は国立大学院の薬学研究所科准教授の31歳の薬学者でした。主人公は昔幼い妹が脳腫瘍により他界し、その際に多くの人を救う薬を作ろうと思い、身を削って薬学に没頭します。しかしながら没頭し過ぎによる過労のため研究所内で仮眠中に急性心筋梗塞により死亡してしまいます。その後異世界での宮廷薬師見習いのファルマ・ド・メディシスとして生まれ変わります。初めは転生自体に戸惑い、その世界の古い医療に戸惑いますが、徐々に転生前の自分の薬学者としての知識を発揮していきます。そして王宮含めた周囲の方たちを驚かせ、次々と問題を解決していくところが爽快です。異世界では神力という魔法みたいな力があり、主人公は転生した際にチート能力を授かっています。その力を使う度に周囲の方たちからは驚嘆され、崇拝するものまで出てきて面白いです。チートな能力や現代の知識を発揮させるところも良いですが、一番良いところは主人公の人柄の良さがストーリー内で沢山出てきているところです。世のため人の為に尽力する主人公を見ると色々と見本になります。今一番おすすめの漫画です。>>>>>混浴温泉で年上のお姉さんにいっぱい出させてもらう話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする