食戟のソーマ L’etoile-エトワール-は子供時代の話が魅力的

「食戟のソーマ」のスピンオフ「食戟のソーマ L’etoile-エトワール-」は人気キャラの過去話が楽しめる漫画です。四宮小次郎は本編で初登場したときからかっこいいキャラだなと思っていたため、四宮が主人公のスピンオフは毎回読むのが楽しみです。本編とは違い、料理対決がメインではなく、様々な人が抱える悩みを料理の力で解決するといったストーリーになっています。四宮の天才的な発想と料理の技術は、日本人をバカにしていた人々すらあっと言わせます。

料理の話も好きですが、私は四宮がまだ料理人ではなかった頃の子供時代の話が好きです。年相応の無邪気さで、大人になったときの傲慢さはありません。友達との友情を楽しんでいる様子にニヤニヤとしてしまいます。もちろん子供時代から料理の腕は天才的でしたが、それを鼻にかけるような真似はしていませんでした。どちらかといえば作るのが楽しいといった感じで、料理で一番になってやるんだという気概は感じられません。だからこそ子供時代のほうが魅力的に見えてきます。もっとたくさん子供時代の話を描いて欲しいものです。>>>>>カラミざかり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする